« リバティジャージでむすめの七分袖ヨークTシャツ | トップページ | むすこのニットパンツ×2 »

2012年1月13日 (金)

おばあちゃんとのお別れ

Photo私の母方の祖母が昨年の年末に亡くなりました。もう何度も危篤の連絡がはいり、そのたびに覚悟が深くなりついに・・・という感じでした。

私は遠くてあまりお見舞いにも行けませんでしたが母は毎日のように通っていました。

89歳で亡くなりましたが、80歳すぎるころまで現役で和裁の仕事をしていました。おばあちゃんの家にいくといつもテレビをみながら座って和裁をしていました。その手つき、道具、生地すべてが子供のころの私にとっては本当に興味深くてじーっと見ていたのを思い出します。今でも道具の配置を細かに思い出せるぐらい。長年使いなれたものに囲まれたおばあちゃんの仕事机は本当に質素で無駄がなく、流れるような作業はずっと見ていても飽きなかったな。

私達姉妹や母の浴衣、着物もたくさん作ってくれました。

たぶん私(母を含めて)が子供服をつくるのはおばあちゃんの血が流れているからだと感じています。

Photo_2

おばあちゃんから和裁の道具何点かと小さな鈴のついた糸きりばさみ、指輪を2つ引き継ぎました。

大切にします。

おばあちゃんが亡くなっても自分のなかに温かくおばあちゃんの血が流れている実感があります。とても可愛がってくれた思い出もあります。

ありがとう、という一言に尽きます。




|

« リバティジャージでむすめの七分袖ヨークTシャツ | トップページ | むすこのニットパンツ×2 »

日々のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リバティジャージでむすめの七分袖ヨークTシャツ | トップページ | むすこのニットパンツ×2 »