« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月26日 (木)

むすめの幼稚園長袖スモック

Photoプレ幼稚園に通うむすめ、4月からは正式に入園の予定です。少し早めですがプレ幼稚園で絵の具遊びをするのを機会に幼稚園スモックを慌てて作りました。

生地; C&S 海のブロード、リバティ

型紙; CUCITO 2009 春号 

Photo_2

むすこの時とだいたいお揃いにしようと思っていたのですが、女の子だしリバティの花柄がより多く見えたほうが可愛いかなと思ってゴムを入れるバイアスを外側にかぶせて縫ってみました。今日プレ幼稚園で着せてみたらとても可愛くて自己満足♪小さい子がスモックを着ててくてく歩くすがたは本当に可愛いものですよね。

Photo_3

とりあえず2枚同時進行で縫いました。半袖のスモックや幼稚園グッズ、入園までゆっくり仕上げていきたいです。
Photo_4プレ幼稚園に通うむすめの後ろ姿。先日近隣都市に買い物にでかけたときにむすめが一目ぼれしたピンクのいちごバッグ。幼稚園にもっていくのが嬉しいらしく、ご機嫌です。ピンクブーム、いつ去るのかしら。。。

| | コメント (4)

2012年1月23日 (月)

最近のお買い物

Photo_9

スモーキーなグリーン色のストールを買いました。通年使えるような生地でとっても好きな色。”ずっと使えそうな気がするもの”最近のお買いもののテーマです。

Photo_10

そしてこちらの紺色の綿のワンピースもずっと使えそうなので。最近むすめのプレ幼稚園に毎週通っているのでレギンスと合わせて着ていけそう・・・。ネットのお店で40%オフのセールで買えました。

Photo_12

最後に・・・ミナぺルホネンの麻ワンピース。中古です(笑)。中古でも自分へのご褒美として思い切って買いました。好きな色合い、模様で見ているだけで元気になれそうな気がして。ミナの服はしみじみと好きだなぁっと思えるので少しずつ、増やしていきたい。

全部ネットで買いました。札幌まで約4時間もかかるので最近お店でお洋服を買うのは半分諦めてます(涙)。

| | コメント (0)

最近の読書

最近の読書。相変わらず仕事の合間や夜子供達が寝てからこつこつと読んでいます。

速読、精読、味読・・・を使い分けて読書することが目標ですがまだ思うようにはいかないかな。ビジネス書、自己啓発本、推理小説、物語、エッセイ・・・本当に色々な分野の本を多読しています。どれも面白く、読書の世界はすばらしい。

最近特に面白かったのがスティーブジョブスの本。濃密な人生、直観の鋭さ、集中力、影響力、説得力、発想・・・何度も鳥肌が立ち、時には涙ぐみ、読み終わる頃にはなんで私はアップルの商品を使ってこなかったのだろう・・・すぐにでも商品を購入して愛用したくなるほどのめり込んでしまいました。
51xjfb36dl__ss400__251dgbds43dl__ss400_


図書館から借りたのですが写真鳥忘れたので画像アマゾンからお借りしています。

すぐ近くに居たらその渦に飲み込まれ、振り回され、吹き飛ばされ、大変だとおもうけど遠くから見る分には本当にぎらぎらとエネルギッシュに燃える太陽のような人だと思いました。本当の天才ってため息が出るほどの才能をもっているものなんですね。スティーブは自己愛的人格障害、ビル・ゲイツはアスぺルガー・・・との記載がありましたが世の中では天才は普通じゃなく、普通じゃないと病的ととらえられてしまうのかもしれません。人生に疲れたらこの熱く燃えたぎり、死と向かい合った後も残された時間燃え続けたこの人の人生を思い出したいと思います。

Photo_3
ガラリと変わって漆器の本。こちらも図書館で借りました。最近漆器にすごく興味があって。出汁をとり、丁寧につくった汁ものをお気に入りの漆器に盛って家族に配することができたら素敵だろうな・・・。もう少し子供達が大きくなったら少し安めのものから揃えてみようかな・・・子供達が巣立ったら夫と椀一式をそろえてこじんまりと丁寧な食事をとりたいな・・・お気に入りの椀一式をみつけに夫婦で輪島へ旅行なんていうのもいいなぁ・・・本を読みながらあれこれ妄想するのも一興です(笑)。Photo_5
こちらは人生~は自分で買って、読書~は図書館で見つけました。なんとなくこの著者の本が好きみたい。新年になり手帳の使い方や記録の仕方をよりよくしたくて手帳関係の本を読んでいます。まだ自分の納得いくような使い方ができていないので何年かかけて確立してければいいかな。

読書生活、良い趣味だとおもうのだけれどあまりに田舎で大きな本屋さんまで車で1時間半もかかるこの土地ではいつも本屋さんに行きたい衝動と戦わなければいけなくてちょっと辛いです。図書館頼み、ネット本屋頼みだけだとちょっとフラストレーションがたまります。大きな本屋さんのある町に住みたいなぁ・・・。

| | コメント (0)

最近の台所仕事

Im_loving_itPhoto

最近は我が家の定番お菓子を繰り返し作っています。クッキーは子供達と一緒にイベント的につくるのが楽しい。最近むすこのお友達がCMから吸収した”I'm loving it!”という言葉が幼稚園などで流行っているみたいで、その文字をいれたいというのでクッキーにアルファベット印字できるもので印字(笑)。
プリンはもうなくなると作らないと・・・と思うくらい人気で、何度も何度も作っています。夫もプリンがあると嬉しそうです。

Photo_2

そしてジャム作り。すっかり要を得て来て腐りそうなりんごも安売りの柚子も夕飯作りのついでにジャムにできるようになってきました。下ごしらえは子供達の昼寝や上手に遊んでくれてる時にすませて、大体20分くらい鍋についていればよいので揚げ物をする時や少し手の込んだ料理をするときに合わせて時々混ぜながらコトコト弱火で煮込んでます。今回の住宅はコンロが3つついているので2つで夕飯を作り、のこり一つでジャムをつくることができて便利です。

手の込んだお菓子も時々作りたい。もう少し定番おやつのレパートリーを増やしたい・・・欲望は尽きません。

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

むすめのカーデワンピ×2

Photo_9


むすめに毎年のように作っているこの形、今年も例外なく作りました。カーデワンピ、脱ぎやすく着やすく、動きやすくの三拍子そろっているのでこれからも作ると思います。

生地選びも楽しいし♪

型紙; クライムキlalala5 Tシャツ 80サイズをカーデにアレンジ  

     スカート部分は 110×30センチの長方形

生地; puriri   スカート部分はリバティコットン

Photo_10

久しぶりにつくったせいかむすめのサイズ感をつかんでいなかったためかなんと少しきつめでした!!上半身 90サイズにしておけばよかった。春まできたら終わりかしら。

Photo_11
この形、本当に可愛いのでまたサイズアップして作ると思います。やんちゃなむすめもこれを着ると少し大人しく?見えます(笑)。

| | コメント (0)

むすこのニットパンツ×2

Photo_3


むすこのズボンがずっと足りなくてやっと重い腰があがりました。まずは作り慣れていて、むすこも気に入っている形のものから。

Photo_4Photo_5

裾がつぼまっていて全体的にはゆるくて着心地よく、動きやすいこの形。むすこはとても気にいっていてつくるのはもう何枚目だろう。。。というくらいつくってます。
裾がつぼまっていると幼稚園での寒さも少し凌げるかしら、トイレを一人でするときもズボンのすそが床につきにくいかしら、などと考えながらミシンをカタカタ。

型紙;CUCITO 2009 冬早春号 裾リブズボン100サイズをニットで。丈+10cm

生地; 紺:C&Sフレンチパイル  灰:slow boat

どちらもパイル地でつくってみましたがコーデュロイで裾リブ、普通のスウェットでもいいかなと思います。

Photo_6Photo_8

作ったズボンもすぐに試着してくれました。ころころと遊ぶ姿はまだまだ可愛い4歳児です。

| | コメント (0)

おばあちゃんとのお別れ

Photo私の母方の祖母が昨年の年末に亡くなりました。もう何度も危篤の連絡がはいり、そのたびに覚悟が深くなりついに・・・という感じでした。

私は遠くてあまりお見舞いにも行けませんでしたが母は毎日のように通っていました。

89歳で亡くなりましたが、80歳すぎるころまで現役で和裁の仕事をしていました。おばあちゃんの家にいくといつもテレビをみながら座って和裁をしていました。その手つき、道具、生地すべてが子供のころの私にとっては本当に興味深くてじーっと見ていたのを思い出します。今でも道具の配置を細かに思い出せるぐらい。長年使いなれたものに囲まれたおばあちゃんの仕事机は本当に質素で無駄がなく、流れるような作業はずっと見ていても飽きなかったな。

私達姉妹や母の浴衣、着物もたくさん作ってくれました。

たぶん私(母を含めて)が子供服をつくるのはおばあちゃんの血が流れているからだと感じています。

Photo_2

おばあちゃんから和裁の道具何点かと小さな鈴のついた糸きりばさみ、指輪を2つ引き継ぎました。

大切にします。

おばあちゃんが亡くなっても自分のなかに温かくおばあちゃんの血が流れている実感があります。とても可愛がってくれた思い出もあります。

ありがとう、という一言に尽きます。




| | コメント (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »