« クリスマス準備&特大雪だるま | トップページ | さらし布巾 »

2011年12月 6日 (火)

辰巳芳子さん

Photo


”人が愛ゆえに、作ったり、食べさせてもらったりする日々。過ぎてしまえばなんと短いことでしょう。”

辰巳芳子さん、浜子さん親子の料理に関わる文章に完全に心を奪われています。レシピもさることながらその思想、姿勢、心に深く共鳴してしまいます。

子供達へ、夫へ自分が毎日毎日する料理、家事。気持ちの持ちようで随分と価値あるものに昇華できるものだと最近つくづく実感しています。

夫や子供達に関わらず、自分の気持ちの面だけの変化で家事も料理も随分と楽しいものになるみたい。他人を変えようとするとストレスがつきものだけれど、自分の内面を広げて丸くやわらかく温かく変化させていくことはなんだかとてもいい気分。

良い文章と出会うことは人生で本当に大切なことだなぁっと思います。

|

« クリスマス準備&特大雪だるま | トップページ | さらし布巾 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

mikaさんへ
mikaさんのこの文章を読んで、mikaさんの感受性の豊かさを改めて感じました。本を読んで自分自身と照らし合わせて、どんどん何かを得ていくことは、読書の醍醐味ですよね。mikaさんが時々綴られる読書や物事から感じたことを読むのが楽しみになっています。
私は最近読書お休みしていましたが、辰巳芳子さん、浜子さんの本を読んでみたくなりました。
最初の一文に、特に「過ぎてしまえばなんと短い」・・・心動かされます。

投稿: ななちん | 2011年12月 8日 (木) 10時49分

>ななちんさん
優しいコメントありがとうございます。辰巳さん親子の本本当におすすめです。美味しそうな料理描写もレシピも好きなのですが(レシピなのに涙がでそうになるものも・・・)、自分の料理家事について根底から、愛情をもってしっかりやれと説得してもらっているような気分になり身の引き締まる思いがします。この時期にこういう本に出会えてよかったなぁっと思います。本の世界、ますます深いなぁっと思う今日この頃です。小川糸さんの料理描写は辰巳さん親子の表現に少し影響を受けているような気が個人的にはしています。

投稿: mika | 2011年12月 8日 (木) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス準備&特大雪だるま | トップページ | さらし布巾 »